日本園芸協会会員入会案内
ENJOY!

■全国各地でご活躍されている会員の皆様■

■もどる■
ガーデニングコンテストに 毎年応募しています。


大堀輝美さん(神奈川県横浜市)
自宅の庭のリフォームの際に、日本園芸協会の「ガーデニングコンテスト」に応募しました。その後、ガーデニングを勉強してコンテストでも「グッドコーディネート賞」を受賞することができました。 毎年コンテストに応募したり、雑誌やテレビの取材を受けたりガーデニングからたくさんの生きがいと元気をもらっています。現在、自宅でサークル活動をして、メンバーとフラワーアレンジメントや寄せ植えなどを楽しみながら、ガーデニング談議に花を咲かせています。

仲間と共に造園技能士にチャレンジ!


千葉友の会
私たち千葉友の会は庭師を目指す者が集まり、勉強会や交流会を行っています。緑豊かな千葉県下では、庭師や植木職人が足りない状況で、私たちは多少なりとも地域のお役に立ち、社会に貢献できればと思い、きちんとした仕事をする本物の庭師を目指しています。 庭いじりや植木が好きで興味がある方は、ぜひ私たちと一緒に活動してみませんか。

園芸相談、講師、植木職人など 多方面でがんばっています。


石黒秀雄さん(宮城県仙台市)
退職後、人に喜ばれる仕事をしたいと思っていました。また、園芸相談員が夢でガーデニングや庭園の勉強をしました。 修了後、プロとして1年くらいで、ホームセンターから園芸相談員の依頼がありました。その後も、専門学校の講師、植木職の依頼も来まして今では、3つの仕事を抱えて楽しみながら働いています。

友人と一緒に教室の運営、 雑誌でも紹介されました。


梅村紀久子さん(愛知県瀬戸市)
家を建てたことがきっかけで、ガーデニングにとても興味を持ち勉強したいと思いました。 今では、講座を受講した友人と一緒に、ガーデニング教室の運営をして、年に2回ガーデンパーティーを開催しています。更には、未経験でしたがガーデンショップに勤務することができました。雑誌の取材を受けたりと、毎日楽しく働けて勉強にもなっています。

自宅をオープンガーデンカフェに!


大山節子さん(香川県仲多度郡)
私は趣味を生かしたボランティア活動をしたいと思い、ガーデニングの勉強を始めました。ところが、私の花づくりは、口コミでどんどん広がり2年間でテレビが6回、新聞が5回の取材を受けました。現在は、春と秋の日曜日に自宅の庭をオープンガーデンカフェにして楽しんでいます。

テキスト、上手集、ビデオは 仕事のバイブルです。


松隈伸行さん(茨城県取手市)
退職後、ヒマな時間に自宅の庭の手入れをしようと思っていました。 ところがテキストを見ると仕事にしたときの料金設定や作業方法なども載っています。それじゃあと、軽い気持ちで開業したところこれが大繁盛。今では、妻を助手にして、ほとんど毎日働いています。この仕事は健康的で、それでいてストレスを感じることもなく、私にとっては理想の仕事です。 上手集、庭木の手入れのビデオも全巻購入して、今では仕事のバイブルとなっています。

■資料請求はここから■ ■申込みはここから■

order@gardening.or.jp